日頃より川口貸会議室をご利用頂き、誠にありがとうございます。

このたびの新型コロナウイルス感染防止に関し、
現時点において、当会議室は通常営業しております。

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

会議室を借りたは良いものの、机や椅子の配置について迷ってしまった経験はございませんか?
今回は目的別に机と椅子の効果的なレイアウトについてご紹介します。

■会議形式

机をロの字に配置したレイアウトです、参加者全員の顔を見ることができ、適度な距離感があるため重要な会議や商談などに適切なレイアウトになります。
当会議室では、このレイアウトを基本としています。

会議形式レイアウト

 

■セミナー形式(机あり)最大30名

登壇者に向けて全員が同じ方向を見ることのできるレイアウトです。
机を置くことができるので教室などの利用に最適です。

セミナー形式(机あり)最大30名

 

この配置でプロジェクターを使用した場合、このようになります。
プロジェクターを机と机の間に置いても余裕がありますので安心してご利用ください。

プロジェクタ使用の場合

 

■セミナー形式(机なし)最大50名

上記のレイアウトと同じく、登壇者に向けて全員が同じ方向を見ることのできるレイアウトです。
机を置くことはできませんが、川口貸会議室では最大となる50人を収容できる配置となります。

セミナー形式(机なし)最大50名

 

■U字型形式

机をUの字に並べ、その外側に椅子を配置したレイアウトとなります。
参加者同士が顔を見つつ、登壇者の方を見ることもできるため、会議形式とセミナー形式の良いとこ取りなレイアウトです。
プロジェクターを用いた発表などに最適な配置です。

 

■島形式

机をスペースを空けて等間隔に並べ、その机に椅子を複数脚配置するレイアウトです。複数企業が開催する就活イベントなどでよく用いられる配置となります。

 

以上が川口貸会議室がオススメする机と椅子のレイアウトになります。

会議室は1部屋のみとなりますが、当会議室ではご利用者の方に自由に机と椅子のレイアウトを変更していただけますので、会議やイベントを円滑に進めていただけます。
※退出時は必ず原状復帰をお願いいたします。

ぜひ、ご利用の際にご活用ください。

■お客様へご協力のお願い

37.5℃以上の発熱、咳などの症状が発症された場合は、ご利用をお控えください。
こまめな手洗い、手指消毒をし、マスクの着用をお願いいたします。
対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離で2メートル程度)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高いとされています。お互いの距離がしっかりとれるよう、極力最低少人数でのご利用をお願いいたします。

⇒新型コロナウイルス感染症について – 厚生労働省
⇒新型コロナウイルス感染症対策の基本方針 – 厚生労働省
⇒新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

 

埼玉エリアでリモートワーク場所を探している方は是非ご利用ください

川口貸会議室は、用途に応じて、室内の配置も移動可能ですので、様々なニーズに対応いたします。

⇒川口貸会議室ご利用料金